コンクリート防蝕

今回は、コンクリート防蝕メンテナンスにおいて、弊社RS#123プライマー+RSJ#100のライニング仕様が最も理想的な理由をご紹介したいと思います。

メンテナンスを行う上で、新設でない限りその腐食内容に応じて躯体そのものが

劣化や強度不足になっている事が少なからず前提にあるという事は間違いありません。

そのような状態がなければ、防蝕メンテナンスを行う発想にならないからです。

また、劣化していると思われる既設の躯体に防蝕ライニングを施工するという事は

ほぼ間違いなく施工環境は悪く、新設の状態で施工する場合とは程遠い状態での施工をせざるを得ない事が予測されます。

このことを理解したうえで防蝕設計しなければ、結局躯体が原因で起こる塗膜トラブルに繋がります。

つまり躯体表面が弱いのにハイコストで、重厚な仕様のライニングをしても、躯体が原因で塗膜が損傷すれば意味がないことになります。

RS#123プライマー+RSJ#100の防食ライニングシステムは上記のような事を想定した防蝕設計となっております。

①RS#123プライマーは躯体に含侵硬化することにより、コンクリートや錆面のポーラス部分を埋め、躯体と樹脂の一体化を目的にしており、含侵した範囲の躯体は強化されます。塗り重ねることで躯体表面1~2mm程度含侵のポリウレタン樹脂と躯体の一体層となります。

②その上に塗るRSJ#100は水中硬化性がある為、施工環境が原因で躯体に水分が残存しても硬化や接着不良の心配はなく、水抜きや乾燥に時間を取られる心配はありません。

③RSJ#100は高耐食エポキシ樹脂の中に、特殊な方法でシリカを多量に配合した防蝕ライニング材です。1回塗りで1mm以上の膜厚を着ける事も可能です。比重も軽く厚膜にしても躯体にかかる負担を軽減してます。

コンクリートの廃液槽内面・防液提・排水溝・その他のコンクリート構造物等のメンテナンス仕様は、ほぼこの仕様で提案させて頂いております。

不陸調整やひび割れの補修、水中硬化を生かした止水材としてなど、RSJ#100を粘度コントロールすることでパテ材として使用することも可能で、その他の材料を別途購入する必要はありません。

前回までの配信ではRS#123プライマーとRSJ#100の単品での特徴や魅力についてご紹介してきましたが、今回はこの2種類の材料で組合わせた2重防食の仕様は、コンクリート防食メンテナンスにおいて、最も理想的な仕様になるという内容で紹介させて頂きました。

ご質問、詳細資料依頼等ありましたら、お気軽にお問合せフォームからお願い致します。