コンクリート防食の必要性と樹脂ライニング工法の種類(株)RSテック

コンクリートの腐食防止は、建築物や構造物の長期的な耐久性を維持するために不可欠です。この記事では、コンクリート腐食の主な原因として、pH低下、塩害、凍害、体積膨張による影響を詳しく説明します。また、化学工場からの腐食性廃液や硫酸還元菌による硫酸腐食など、コンクリート構造物の腐食や劣化を引き起こす外部要因についても触れます。

特に、コンクリートの劣化が進行すると、建築物の躯体強度の低下、剥落、鉄筋の露出など、重大な問題を引き起こす可能性があることを指摘します。これらの問題は早期に対処しないと、高額な修繕費用が発生するリスクがあります。

(株)RSテックが提供する耐食樹脂を使用した最適なライニング工法により、コンクリート構造物を長期間保護する方法について紹介します。弊社の防蝕ライニング工法は、コンクリート設備を安全に長期間使用するための効果的なソリューションを提供します。

コンクリート防食をする際に知っておきたいポイント

コンクリートの防蝕は、構造物の長期的な安全性と耐久性を保つために重要なプロセスです。以下に、コンクリート防蝕を行う際に知っておきたい主要なポイントを解説します。

1:コンクリートの基本構造理解

コンクリートはセメント、砂利、砂、水を混ぜて固めることで作られ、その結果、多くの微細な隙間が生じます。 – この隙間の存在は、コンクリート内部での液体やガスの移動を可能にします。

2:液体とガスの動きへの注意

コンクリートの隙間を通じて、水やガスが自由に移動します。この現象は、時にコンクリートから液体が染み出る原因にもなります

3:コンクリートの強度特性に注目

コンクリートは圧縮力に対しては強いですが、引張りには弱いため、鉄筋を用いて強度を補強することが一般的です。

4:鉄筋の腐食とコンクリートの割れ

pHの低下によりコンクリート内部の鉄筋が錆びると、これが膨張し、コンクリートに引張り力を生じさせます。これはコンクリートの割れの原因になり得ます。

5. 防食対策の重要性

コンクリート構造物の防食は、腐食や劣化を進行させる可能性のある液体やガスの侵入を遮断することで、その耐久性と安全性を維持します。

コンクリートの防蝕に関するこれらの知識は、構造物の長期的な保全と維持において不可欠です。適切な防蝕対策を講じることで、コンクリート構造物はより長く、安全に機能し続けることが可能になります。

樹脂ライニングによるコンクリート防食

コンクリートの腐食や劣化を効果的に防ぐためには、悪影響を及ぼす液体やガスからの完全な断絶が絶対に必要です。

ここではコンクリート構造物を腐食や劣化から保護するための重要なアプローチを詳しく解説します。

1. コンクリート内部の隙間に注目

コンクリート構造物の防食において最も重要なのは、コンクリート内の隙間を通じた液体やガスの移動を防ぐことです。これらの隙間を通じて、有害な要素が内部に浸透し、コンクリートの腐食や劣化を引き起こす可能性があります。

2. 強固な耐食性皮膜の形成

コンクリート表面に耐食性の高い皮膜を形成することが、腐食防止の鍵です。樹脂ライニングなどの材料を使用して、厚くて丈夫な保護層を確立することで、コンクリートを効果的に保護します。

3. 樹脂ライニングの利点

樹脂ライニングは、コンクリートの表面に均一で連続した保護層を提供します。これにより、液体やガスがコンクリート内部に侵入するのを防ぎ、構造物の長寿命化を実現します。

コンクリート防食、樹脂ライニング工法の種類

1:RS#123ポリウレタンライニング

(株)RSテックのコンクリート防食ソリューション、RS#123ポリウレタンライニングシステムは、驚くほどシンプルな仕様で、単に塗り重ねるだけで実現可能です。

RS#123を層を重ねることで、連続的な含侵固着を行い、約1mmの厚さのポリウレタン層をコンクリート表面に形成します。これにより、コンクリート内の水分の移動を封鎖し、樹脂とコンクリートが一体化した表面構造を形成し、弱体化した表層を強化します。

RS#123ポリウレタンライニングは、RSテックの防食ライニングシステムの中で最もシンプルな防食仕様として機能します。さらに、RS#123をプライマーとして使用することで、上にコーティングする耐食材と組み合わせた、重層の防蝕仕様を実現、さらにハイグレード仕様にすることができます。

RS#123は速乾性のある1液性の塗料です。誰でも簡単に施工ができる作業性が特徴ですが、最大の特長は、防水性能と、含侵固着したコンクリート表層約1mmは、樹脂とコンクリートの一体化した靭密な強化層となる事です。

(株)RSテックのコンクリート防食ライニングシステムは、基本的にRS#123(ポリウレタン樹脂)をプライマーとして使用し、その上にエポキシ樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂などの耐食層を重ねて2重の防食仕様を実現しています。

2:無機セラミック配合特殊エポキシライニング

RSJ#100エポキシライニング工法は、コンクリートの耐久性を向上させ、設備の長寿命化を実現するための高度な技術です。そのプロセスは下記の通りです。

RS#123をプライマーとして使用することで、その特性によって優れた役割を果たします。まず、含侵固着を繰り返すことで、ガスや液体の自由な行き来を遮断し、コンクリート表層を樹脂と一体化させ、その強度を向上させます。このプライマーは、防食プロセスの最初の重要なステップであり、耐久性を高める鍵となります。

RSJ#100は特殊なエポキシ樹脂で、特に強固な接着力と湿潤・水中での硬化性、さらには幅広い薬品に対する耐性を特長としています。この特性は、コンクリート防食において極めて重要です。RS#123プライマーとRSJ#100の組み合わせは、画期的な防食ライニング仕様を実現します。

RSテックのエポキシライニング材料であるRSJ#100は、特殊な無溶剤型の耐食材料です。この材料は、幅広い薬品に対する耐性を持ち、湿潤な環境や水中でも問題なく硬化します。また、セラミックが豊富に配合されており、防食性能を向上させています。

RSJ#100の特徴的な点は、水中でも硬化する能力と、現場で粘度を調整してエポキシパテを作成できる作業性の優位性です。これにより、さまざまな現場環境に対応でき、施工が容易に行えます。

RSJ#100は、耐薬品性と作業性のバランスを備えた、信頼性の高い耐食材料です。設備の保護やメンテナンスにおいて、優れた性能を発揮します。

3:ポリウレアライニング

コンクリートの割れや亀裂などに追従できるという理由で採用されるケースが多く、ゴム状ですので、衝突摩耗にも強いことが特徴です。

ポリウレアライニングは高圧で吹き付けると同時に、数十秒で乾燥するといった超速乾性があるため、2mm以上の厚膜施工を連続的に塗布することが出来ます。

しかしポリウレアライニングは、素地との密着という問題を抱えている工法です。

弊社ではポリウレアライニングメーカーとの共同開発で、RS#123プライマーを改良したポリウレア専用プライマー、アクトPUプライマーを開発しております。

4:FRPライニング

FRPライニングとは、強化ガラス繊維に樹脂をしみ込ませ、積層していく防食ライニング工法のことをいいます。

FRPライニングの特長は、強化ガラス繊維の厚み分で、確実な膜厚管理ができる事です。積層の回数の分だけ膜厚が増えていき、強靭な塗膜形成が可能となります。

(株)RSテックで使用する樹脂は、不飽和ポリエステル・ビニルエステル・エポキシ樹脂などの耐食材料でFRPライニングが可能です。

どの樹脂でFRPを行うにしても、対象がコンクリートであればRS#123プライマーの塗重ねで得られる「コンクリートの一体化した靭密な強化層」の上にFRPライニングを行う工法となっています。

また、対象が鉄の場合は鉄面用のライニング専用プライマーがあります。

  1. 不飽和ポリエステルFRPライニング
  2. ビニルエステルFRPライニング
  3. 軟質不飽和ポリエステルFRP+ビニルエステルFRPライニング
  4. エポキシFRPライニング

用途にに応じて樹脂は変えて提案させて頂いています。

5:フレークライニング

フレークライニングは、FRPの強化ガラス繊維に代わり、ガラスフレークを耐食樹脂に配合する画期的な工法です。これにより、薬液などの腐食要因からコンクリートを保護し、塗膜内にフレークの整列による防蝕バリア構造を形成します。

従来のFRP工法では、積層と脱泡、そしてバリ取り作業など、手間のかかる工程が必要でした。しかし、フレークライニングでは、これらの作業を大幅に省略でき、塗装作業だけで完結できることが最大の特徴です。

(株)RSテックでは、不飽和ポリエステル、ビニルエステル、無溶剤エポキシ樹脂など、さまざまな樹脂を使用したフレークライニング材料を揃えています。どの樹脂を使用しても、RS#123の塗り重ねによって得られる「コンクリートの一体化した靭密な強化層」の上にフレークライニングを行う工法が採用されています。

樹脂RSテック製品フレークライニング
不飽和ポリエステル樹脂RS#200不飽和ポリエステルフレークライニング
ビニルエステル樹脂RS#300ビニルエステルフレークライニング
エポキシ樹脂RSJ#100無溶剤エポキシフレークライニング

まとめ

コンクリート構造物の防食において、RSテックは多彩な防食樹脂ライニング工法を提供しています。

1つの樹脂や工法で全ての問題が解決されることはまずありません。どの樹脂や工法を選択するかは、設備の状態や環境に応じて検討する必要があります。コンクリート構造物を効果的に保護するためには、適切な防食設計が不可欠です。

RSテックは、腐食や劣化の要因となる悪環境からの遮断が可能な最適な耐食材料を提供し、防食設計から施工までのトータルソリューションをご提供しています。お客様のお困りの設備に対して、最適な防食対策をご提案いたします。

コンクリート防食に関するご質問やお悩みがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。