コンクリート防蝕の必要性と樹脂ライニング工法の種類

コンクリート防蝕とは、コンクリートの腐蝕や劣化の、代表的な要因であるpHの低下や塩害、凍害、体積膨張などを引き起こすような悪環境を、防蝕することによって環境遮断し、コンクリートを保護することをいいます。

特に、硫酸や有機酸が原因となる場合、腐蝕や劣化の進行は早く、コンクリートの耐久性が無くなると、コンクリートの躯体強度が低下し、剥落や鉄筋が露出するなど、様々な問題が生じる可能性があります。

ここでは、コンクリート防蝕をする際に、最も注意するポイントを紹介していきます。

弊社では、様々な種類の耐食樹脂材料を持ち、防蝕ライニングをすることにより

コンクリートの耐久性が低下することを防ぎます。

コンクリート防蝕をする際に知っておきたいポイント

  • コンクリートはセメントに砂利と砂と水を混ぜて固めたものですので、骨材同士がくっついている状態です。つまりコンクリート内は隙間が多く存在し、その隙間は繋がっておいます。
  • コンクリート内の隙間は水やガスなどが自由に行き来します。その動きに規則性があるかは不明だが、コンクリート内部から液体が染み出てくるということがよくある。
  • コンクリートは圧縮には強いが、引っ張る力には弱い為、多くの構造物はコンクリートに鉄筋を入れた鉄筋コンクリートが使用されている。pHが低下していくと、中の鉄筋が錆びて膨張することにより引張方向の力が働きコンクリートが割れるということがある。

上記のことから、コンクリート構造物の防蝕を考えた時、腐蝕や劣化を促進させる要因となる液体やガスが、コンクリートの隙間を行き来する環境を、遮断する事でコンクリート構造物の耐久性を維持することができます。

ライニングによるコンクリート防蝕

防蝕ライニングには様々な種類の樹脂や工法が存在し、どれも耐性があり、環境遮断ができる内容で提案されるので、何を選んで良いか解らず混乱します。

実際は、対象の設備によっても、ライニング施工環境によっても、最適な樹脂や工法は変わってきます。逆にいえば、同じ設備でも、施工環境によっては樹脂や工法は変わるのが当然です。

新設の設備をライニングするのと、劣化した設備をメンテナンスするのでは環境が大きく変わっています。

防蝕ライニングの種類

ポリウレタンライニング

軟質のものが多く、コンクリートの割れや亀裂などに追従できるという内容で採用されるケースが多く、安価で一般的な床材から高い耐食性を持った材料まで様々な種類があります。     弊社のポリウレタンライニング材はコンクリートに積極的に含侵し、簡易に施工でき、コンクリート構造物の躯体強化ができる特殊材料です。    

ポリウレタンライニング材料、RS#123の詳細はこちら

ポリウレアライニング

コンクリートの割れや亀裂などに追従できるという内容で採用されるケースが多く、ゴム状ですので、衝突摩耗にも強いことが特徴です。

ポリウレアライニングは高圧で吹き付けると同時に、超速乾性があるため、2mm程度の厚膜施工を連続的に行う事が出来ます。

弊社ではポリウレアライニングメーカーとの共同開発による専用プライマーがあります。

ポリウレアライニング専用プライマーの詳細はこちら

エポキシライニング

エポキシ樹脂は一般的に接着剤にも使用されることから、密着性が良いことが特徴の一つで、様々な用途で変性できることから、種類も多くあり、中には強い耐食性を有している材料も存在します。

弊社のエポキシライニング材料は幅広い耐薬品性や、湿潤でも水中でも硬化に問題無く、樹脂内にセラミックが配合している特殊な材料です。

特殊エポキシライニング材 RSJ#100の詳細はこちらから

FRPライニング

樹脂を塗布すると同時に強化ガラス繊維を積層させる工法で、不飽和ポリエステル樹脂やビニルエステル樹脂を用いて行うのが一般的ですが、エポキシ樹脂でも可能です。

RS耐酸FRPライニング工法の詳細はこちら

フレークライニング

FRPライニングの強化ガラス繊維の貼り付け、積層作業を省略し、ガラスフレークを樹脂内に配合することで、塗りの作業だけで不飽和ポリエステルやビニルエステルのライニングを可能にした工法です。

弊社のフレーク材料は、ガラスフレークを特殊な配合にすることで、極端にガスや薬液の透過を防止しています。

RSフレークライニング材料の詳細はこちら

まとめ

コンクリート構造物の防蝕について、防蝕ライニングの種類などを紹介してきましたが

どの樹脂や工法を選んでも一長一短です。

1つの樹脂や工法で、全てがモーラされることは無く、お困りの設備に適した防蝕設計をすることが大事になってきます。

弊社では、腐蝕や劣化要因となる悪環境を遮断できる、防蝕ライニングに最適な材料をもちながら、防蝕設計と施工までを、トータルでご提案させて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

  お問合せフォーム