RS#200(軟質不飽和ポリエステル)仕様の用途と役割

防蝕ライニングにおいて、大抵の設備にご提案できる弊社のライニングシステムとして

RSJ#100エポキシライニングシステムが存在します。

ですが弱点もあり、エポキシ樹脂の硬化速度は温度に対する影響が大きく、低温で遅く、高温で早くなります。比較的高温時の作業で硬化が早くなることは良いのですが、低温時の作業で硬化が遅くなると、次工程が遅れて納期にも影響が出る可能性があります。このような時に、RS#200の出番となります。

RS#200は主に耐酸性の薬品耐性に優れ、低温硬化性に優れます。

ラジカル重合硬化により、硬化剤の量で硬化スピードをある程度コントロールできます。

RSJ#100(エポキシ)と同様に粘度を調整する事で、1回塗りで厚膜施工が可能、無機フレーク材を特殊配合した材料で非透過性に優れます。低温時の施工で決まっているのであれば、こちらの仕様を選択します。

ライニング仕様例)

もう一つの特徴は軟質に調整してあるということです。この性質を利用しライニングシステムの中間層として使用する場合があります。

弊社にはビニルエステル樹脂(RS#300)を用いた耐酸仕様があります。ビニルエステルはさらに幅広い耐薬品性を有しており、密な構造になっているがゆえに固い塗膜となります。

例えば、コンクリートにビニルエステルをライニングした場合、コンクリート素地とビニルエステル樹脂との間には、それぞれの動き方が異なる為、密着部に大きなストレスが存在し、固い樹脂のビニルエステルは、コンクリートの動きに追従できず、クラックが入りやすい状態にあります。

このコンクリート素地とビニルエステルとの間に、軟質のRS#200の層があれば、その間の緩和層となります。また、RS#200も耐食性に優れる為、多重防蝕となり厳しい環境に耐えうる仕様となります。

ライニング仕様例)

弊社では防蝕でお困りのお客様の設備に対し、改善できるよう適切な防蝕ライニング仕様の、ご提案からさせて頂いております。ご質問等ありましたら、お問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。