水中硬化と耐薬品性に優れたRSJ#100 エポキシライニング

セラミック配合特殊エポキシRSJ#100

RSJ#100であれば湿潤環境でのライニング作業が可能となります。防蝕のメンテナンスでは、現地の施工環境は行ってみないと詳細がはっきりしないケースが多いです。実際に行ってみたら湿潤環境だったということは良くあるケース。RSJ#100での防蝕ライニングは、こういった不測の事態に対応ができる特殊材料になります。

RSJ#100の水中硬化性で可能にする施工

湿潤環境 施工前

常に液体が染み出てきている。乾燥状態にすることが困難な状態

湿潤環境の穴埋め

RSJ#100をパテ状にして穴埋めする。

湿潤環境 施工後

RSJ#100を塗って仕上げる。

上の写真のような、わかりやすい湿潤環境もありますが、地下の設備などは地上との温度差により、季節によっては常に湿潤状態の可能性があります。

湿度が高い状況では、目に見えない水滴が塗布面に存在ししている場合があります。

夏場の作業では、作業員の汗が原因で塗膜の膨れなどが発生した事例もあります。

そして、たいていの防食塗料は水分と相性が悪く、接着不良や膨れ、乾燥不良など様々なトラブルを引き起こします。

RSJ#100のライニングであれば、こうした不測の事態に対して、ある程度対応することができます。

RSJ#100の耐薬品性

特殊な方法により、セラミックを大量に配合することで耐摩耗性を向上させ、薬液の浸透を防ぐバリア構造を塗膜内に形成します。

RSJ#100の薬品浸漬試験による耐性参考資料

RSJ#100ライニング仕様

ライニング仕様例

RSJ#100は1回塗りで1mm以上の厚膜塗装が可能です。

RSJ#100ライニング用途

薬液タンク・防液堤・反応槽・廃液槽・排水溝・シックナー・工場床・ダクト内面・地下ピット・水路・コンクリート槽・貯水槽・その他各種化学プラント設備の防蝕メンテナンスに使用可能です。

RSJ#100塗布方法

RSJ#100は2液性の無溶剤エポキシ樹脂になります。

主剤と硬化剤の混合率を、重量比2:1に従って、秤で正確に混合し攪拌してください。

厚膜塗布を可能にしている為、粘度が高い材料になります。十分な攪拌を行うことが必要です。

RSJ#100ライニングの優位性

一般的に採用されているFRPは、ガラスマットやクロスによる貼り付け作業となります。

RSJ#100は無機セラミックが材料の中に配合されていて、塗りで作業ができ、施工期間を短くすることが可能です。

ほとんどの防蝕材料は、FRPも含めて湿潤環境での作業は、密着不良や硬化不良などのトラブルを起こすため

作業が出来ません。

RSJ#100であれば、現地で不測の事態があっても、優れた密着性と水中硬化性で作業を継続させることができます。

ご質問・資料請求等は、お問合せフォームよりお願い致します。